読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Php AjaX with Templates (PAXT)ってみた件

JavaScriptを書かなくてもAjaxができてテンプレート部分はSmartyだからとっつきやすいPHPAjaxフレームワークPAXTを試してみましたのでその際のメモ。Hello World!!するアプリ制作の何か。PAXTの動作要件はおそらくPHP5。

配置

PAXTアプリの配置は代替以下の通りになります。templatesとtemplates_cはSmartyで利用するそれです。

[public_html]
    |
    +----[sample]
    |      |
    |      +---- index.php5
    |      |
    |      +---- server.php5
    |      |
    |      +---- classes.php
    |      |
    |      +---- [templates]
    |      |
    |      +---- [templates_c]
    |
    +----[lib]
           |
           +----【PAXTのlibの中身】

ケルト

PAXTアプリを作成するときの骨格は以下の通り。これを改造してHelloWorld!!アプリを作成しました。

index.php5
<?
require_once "classes.php";

session_start();
$srv = new server('myindex');
$srv->run();
?>
server.php5
<?
include_once "classes.php";
server::handleServerPart();
?>
classes.php
<?
// require_once "../lib/widget.class.php";
require_once "../lib/embwidget.class.php";
require_once "../lib/server.class.php";

class foo extends embwidget
{
   function __construct($parent=null)
   {
      $this->template="launched.html";

      if ($parent) {
         $this->data->variable = $parent->data->variable;
      }

      parent::__construct($parent);
   }
}

class myindex extends widget
{
    function __construct() {
       $this->template="myindex.html";
       parent::__construct(true);
    }
}
?>

まぁ。詳しいことはhttp://paxt.pagema.net/wiki/quickstartniに書いてあります。

Hello World!!する

というわけで上記のスケルトンに肉付けしていく形でHelloWorld!!するアプリをつくってみました。

テンプレート

さきにView部分のテンプレートから作成。作成完了できたらtemplatesフォルダ以下に配置。今回はindex.htmlとhello.html作成。

index.html
Message : <br />
<div>
{embed group="widget001"}
</div>
<input type="button" value="Hoge" onclick="{$this}.aproxy.onSayHello()" />
hello.html
Hello World!!
classes.php

今回をいじる必要があるのはclasses.phpだけなので他は放置。

<?
class hello extends embwidget
{
    function __construct($parent = null, $varname = null)
    {
         $this->template = 'hello.html';

         if($parent)
         {
             $this->varname = $varname;
             $this->data->state = &$parent->data->$varname;
         }

         parent::__construct($parent);
    }
}
class myindex extends widget
{
     function __construct()
     {
          $this->template = 'index.html';

          $this->exportMethod('onSayHello');
                             //~~~~~~~~~~
                             // html部分のonSayHello()に対応。
                             // メソッドonSayHelloHandlerと対応。
          $this->embedWidget('widget001', new hello($this, 'hello'));

          parent::__construct(true);
     }

     function onSayHelloHandler()
     {
          $this->embedLive("widget001",new hello($this, uniqid("hello")));
                 //  ~~~~~~~~~ index.html {embed group="widget001"}に対応
     }
}
?>
というわけで

うまくいくとHello World!!できるアプリケーションが完成。難点としてPAXTでアプリを作成するとHTMLコードがすごいことになるので注意が必要かなと…。