読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JsDoc Toolkit用タスクとhhcタスクを作成

ANTとYUICompressor2系 - Thousand YearsでつくったutiljsにJsDoc Toolkit用のタスクとhhc(HTML Help Compiler)用のタスクを追加しました。JsDoc ToolkitをANTから利用しやすくなるかと思います。

利用方法

jsdocタスク
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<project name="sample" default="default" basedir="../">

    <!-- utiljs.jarのロードとリソースの指定 -->
    <taskdef resource="utiljs.tasks">
        <classpath><fileset dir="dir/to/jar"><include name="*.jar"/></fileset></classpath>
    </taskdef>

    <target name="defualt">
        <!--
            path属性(必須)→ jsdocのインストール先
            destDir属性   → JsDocの出力先
            srcタグ(必須) → dirのみはソースが入ったディレクトリ
                             dir + includes指定でJavaScriptなどのファイル指定
      他の属性      → JsDoc Toolkitのコマンドラインオプションに同じ
                             (利用できなかったらバグが未実装)

                             --encoding → encoding="文字コード"
                             --verbose  → verbose="yes|no"
                             --recurse  → recurse="3"

                             などなど。
        -->
        <jsdoc path="c:/jsdoc" encoding="Windows-31J" destDir="result/jsdoc">
            <src dir="c:/jsdoc/app" includes="*.js" />
            <src dir="dir/to/scripts" />
        </jsdoc>
    </target>

</project>
hhcタスク
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<project name="sample" default="default" basedir="../">

    <!-- utiljs.jarのロードとリソースの指定 -->
    <taskdef resource="utiljs.tasks">
        <classpath><fileset dir="dir/to/jar"><include name="*.jar"/></fileset></classpath>
    </taskdef>

    <target name="defualt">
        <!--
           file属性 → hhpファイルの指定
           path属性 → hhc.exeのパスの指定。
                       省略時は、C:/Program Files/HTML Help Workshop/hhc.exe
        -->
        <hhc file="path/to/htmlhelpj.hhp" path="path/to/hhc.exe" />
    </target>

</project>

ソースコード

ソースコードはここら辺です
http://svn.coderepos.org/share/lang/java/utiljs/

あと

utiljsっていう名前でhhc用タスクがあるのはご愛敬というところで。